Sponsored Links
2011年05月31日

【バンコク旅行9】ワット・アルン

渡し船でチャオプラヤー川の対岸に渡ると、目の前にあるのがワット・アルン♪

watarun1.jpg
(↑しまった、川からの姿の方が見応えがあるのに撮り忘れた(>_<)

ワット・アルンは三島由紀夫の小説の舞台となり、"暁の寺"とも呼ばれるそうです。
最も目立つ、トウモロコシのような形をした大仏塔は、壁には色鮮やかな陶器片やガラスが綺麗に埋め込まれていて、高さは75m。
石段で上部(地上50mくらい?)まで昇れます。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
2011年05月28日

【バンコク旅行8】カフェ「Vivi」&渡し船

ワット・ポーのあとは、3大寺院のラスト、ワット・アルンへ行きたいところですが、そのためには近くの運河を渡し船に乗って対岸に行かなければなりません。

その前に、ぼちぼちバンコクの酷暑にやられ、涼みたかったのでカフェでも探そうかと。。。
しかし、ワットポーと船着場の間はこんな干物市場とか、

himonoichib.jpg

→つづきを読む
posted by 市朗 at 16:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記
2011年05月23日

【バンコク旅行7】ワット・ポー

ワット・プラケオを後にして、王宮の北隣、こちらもバンコク観光の定番・3大寺院のひとつであるワット・ポーへ〜。

ワット・ポー(入場料:50B)は、1788年にラーマ1世によって建立されたバンコク最古の寺院であり、巨大な金色の寝転がった釈迦仏像でおなじみ♪

pho_ne.jpg

全長49m、高さ12mもある、この寝釈迦仏、バンコクのガイド本では必ずデカデカと載ってますもんねー。
実物も圧巻☆
頭だけでもフレームに収まりきりませんw

→つづきを読む
posted by 市朗 at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記ほか
2011年05月17日

【バンコク旅行6】ワット・プラケオ(エメラルド寺院)

ようやく(笑)、バンコク観光の定番・3大寺院のひとつ、ワット・プラケオへ〜。(←ちなみに"ワット"とはタイ語で寺のこと)
ワット・プラケオは、別名・エメラルド寺院とも呼ばれています。

入場料は350Bとバンコクでは破格の値段(?)、しかし観光客で大変な混みようでしたw

emerald1.jpg

ワット・プラケオの中でもひと際目立つ、黄金の仏舎利塔(プラ・シー・ラッタナ・チェーディー)。
("金の寺"といえば日本では金閣寺ですが)金閣のような、よく言えば厳か、悪くいえばもったいぶった(?)、かんじはありません。
キンキンギラギラ、ド派手ってかんじですねー(笑)

→つづきを読む
posted by 市朗 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記ほか
2011年05月13日

【バンコク旅行5】運河&王宮周辺

(『スーパーリッチ』を出たあとは)駅には戻らず、北上しますw
やってきたのは、マハナーク運河にあるプラトゥーナム船着場。
そう、この小さな運河を渡るボートで、王宮周辺を目指します(^^

地下鉄やBTSでは、バンコク観光の定番・3大寺院(ワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルン)などもある王宮周辺近くまでは行けないんですよね。
どちらかというと、チャオプラヤー・エクスプレス(ツーリスト・ボート)が定番らしいのですが、乗り場が市街地から遠〜い。

で、目ざとく見つけたのが、このマハナーク運河のボートです。
普通のガイド本には載っていないよう(私が見つけたのはこちら「歩くバンコク」)で日本人観光客は全く見当たらず、西欧人観光客がチラホラ、ほとんどが地元の人でした。
なので、行き先など英語表記もなくタイ語のみ(><)
仕方なく地図を頼りに、行く方角だけで判断してボートに乗り込みましたw

p_boat.jpg

→つづきを読む
posted by 市朗 at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
2011年05月05日

【バンコク旅行4】HIS&両替所『スーパーリッチ』

2日目。
まずは、地下鉄(MRT)でスクムビット駅のH.I.S.バンコク支店へ向かいます。

security.jpg
↑地下鉄やデパートの入り口にはどこもセキュリティーがぁ。

まずは地下鉄(MRT)の3DAYパス(230B)を購入。じつは、元は取れない可能性も高いのですが、いちいち乗車券を買うのが面倒なのと、600円ほどで3日間乗り放題は魅力的。
ちなみに、1DAYパスは120Bなので、3DAYの方がお得というのもあります。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記