Sponsored Links
2011年05月31日

【バンコク旅行9】ワット・アルン

渡し船でチャオプラヤー川の対岸に渡ると、目の前にあるのがワット・アルン♪

watarun1.jpg
(↑しまった、川からの姿の方が見応えがあるのに撮り忘れた(>_<)

ワット・アルンは三島由紀夫の小説の舞台となり、"暁の寺"とも呼ばれるそうです。
最も目立つ、トウモロコシのような形をした大仏塔は、壁には色鮮やかな陶器片やガラスが綺麗に埋め込まれていて、高さは75m。
石段で上部(地上50mくらい?)まで昇れます。

→つづきを読む


posted by 市朗 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。