Sponsored Links
2011年09月27日

【木曽路5】御宿・大吉&木曽路館

柿其渓谷のあとは、再び妻籠宿に戻り、宿にチェックイン。
今宵の宿は「御宿・大吉」さんです。

daikichi0.jpg

場所は、宿場町のにぎわいからちょっと離れた、街道筋にあります。
通りから見ると「あれ、平屋だっけ?」と思ってしまいますが、斜面に建っていて逆から見るとしっかり2階建てですw

→つづきを読む
posted by 市朗 at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
2011年09月23日

【木曽路4】柿其渓谷

まだ宿にチェックインできる時間ではなかったので、駐車場に戻り、柿其(かきぞれ)渓谷へ向かうことに。
柿其渓谷は、木曽川の支流・柿其川が花崗岩の山地を浸食してできた渓谷で、妻籠からは国道19号(中山道)を10km弱ほど北上し、ちょっと山の中に入ったところに遊歩道などを備えています。

本来なら妻籠から車で20分程度だと思うのですが、ちょっと色々アクシデントに見舞われまして(^^; 1時間後ぐらいに駐車場に到着。

kakizore.jpg

駐車場から柿其川を望むと、左手に吊り橋が見えます。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
2011年09月20日

【木曽路3】妻籠宿

馬籠宿から馬籠峠(標高801m)を越え、ウネウネと峠道を下っていくと、妻籠(つまご)宿に到着♪
こちらは標高430mだそうで、馬籠宿と比べるとちょっと暑い(><)

周辺には無料駐車場は無さげだっただので、今晩とった宿「大吉屋」(くわしくは後ほど)の駐車場に車を止めさせてもらい、妻籠宿へ〜。

tsumago1.jpg

坂道&石畳だった馬籠と違い、こちらは平坦で道も広め。
しかし、保存エリアは500m超にも及び、馬籠よりも規模も大きいですね。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
2011年09月13日

【木曽路2】馬籠宿 その2

昼食のあとは再び坂道を上って行きます。

magome2.jpg

宿場町を上りきると展望台があり、標高600mからの眺め♪

magome_tenb1.jpg

この先はハイキングコースになっていて、馬籠峠を越えると次の宿場・妻籠(つまご)へとつづきます(^^
馬籠宿⇔妻籠宿は約8kmほど、約3時間の所要時間で、人気のハイキングコースになっているそうです。
この日は蒸し暑かったのですが、展望台は涼しい風が抜けて爽やか☆

→つづきを読む
posted by 市朗 at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
2011年09月08日

【木曽路1】馬籠宿 その1

今回は夏休みとして、木曽路へ〜。って、ファミレスじゃないよw
木曽路とは、中山道(なかせんどう)六十九次のうち、贄川(にえかわ)宿から馬籠(まごめ)宿までの"十一宿"を結ぶ街道のことです。
所々で江戸時代の古き良き町並みを保存していて観光スポットとなっています♪

で、東京寄りの贄川宿から攻めるか、京都側の馬籠宿から攻めるか、悩んだのですが馬籠宿からにすることに。

朝5時半に調布I.C.をスタート、中央道をひた走り、中津川I.C.で降りて馬籠宿に着いたのが9時半頃。ふ〜、馬籠宿はもう岐阜県なんですね〜、遠い。。。

magome0.jpg

宿場には車は乗り入れられないので、下入口近くの駐車場に車を止めて、歩いて向かいます。
馬籠宿は峠の中腹に位置し、急な石畳の坂道の両側に木造家屋が建ち並び、宿場町を形成しています。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記