Sponsored Links
2011年11月24日

Yチェアのジェネリック品は。。。

ちょっと古い新聞記事(2011年6月)なのですが。。。



■Yチェア、立体商標と認める判決…知財高裁
背板がY字形にデザインされた椅子「Yチェア」の立体商標登録を巡り、製造元の家具メーカー「カール・ハンセン&サン」(デンマーク)の日本法人が、登録を認めなかった特許庁の審決取り消しを求めた訴訟の判決が29日、知財高裁であった。

飯村敏明裁判長は「約60年にわたって特徴的な形を変えずに販売され、一般に広く知られている」と述べ、審決を取り消した。判決が確定すれば、同庁は審決をやり直すことになる。

同社によると、Yチェアは全世界で70万脚以上を販売。同社は日本で「Yチェア」の名称を商標登録し、その後中国製の模倣品が出回ったため、2008年2月に立体商標の登録を出願した。だが特許庁は昨年6月、「他社の商品と識別できない」と認めなかった。

(引用:読売新聞 2011年6月29日19時59分)

う〜ん、この判決の意味するところは。。。

いわゆる"リプロダクト品/ジェネリック品"と呼ばれるものはご存知ですよね?
そう、工業意匠において、デザイナー死後20年で版権が切れ、他者も自由に作れるというやつです。
で、この記事の"模造品"というのはどうやら。。。

→つづきを読む


posted by 市朗 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | イス・椅子・チェアー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。