Sponsored Links
2008年12月15日

国立新美術館の名作北欧椅子

2007年1月にオープンした、建築家・黒川紀章氏の遺作である「国立新美術館」に行ってきました♪

national_m.jpg

黒川紀章氏といえば、世間一般的には、晩年の選挙活動を通じて"奇人"という印象でしょうが、建築を勉強した人間にとっては、"鬼才""巨匠"と言っていい偉大な建築家です。

地下鉄千代田線乃木坂駅から歩いて数分、木々に囲まれてこの美術館はあります。

前面を覆うガラス・カーテンウォールが大波のようにうねるファサードが、近代的で印象的な建物です♪
天井高21mのエントランスロビーのアトリウムには、日の光りが燦々と降り注ぎます。

また、その吹き抜けの空間の中でひと際存在感を発揮しているのが、逆円錐型の柱(?)w
中にトイレ、上にはレストランやカフェが設けられています。

fukinuke.jpg

ガラス&コンクリート打ちっ放し、と冷たい印象になりがちなところを、展示室を仕切る壁にはたくさんの天然木を使い(←金かかってんなぁw)緩和させてます。

さて、今回の目的は建物と中で使われている名作北欧椅子の鑑賞。
展示の方は「巨匠ピカソ展」「日展」が開催されてましたが、それには目もくれず(笑)

まずメイン・エントランスを入った右手には、H.J.ウェグナーの「スリーレッグドシェルチェア」

three_leg.jpg

この名作椅子に実際に座るのは今回が初めて。この椅子が置いてあるところ自体が少ないですからねw
すわり心地は抜群。さすが、ウェグナー!!ってかんじです。

そして1Fの左手、逆円錐型柱の奥(および3F)には、同じくウェグナーのイージーチェア「CH25」

ch25.jpg

こちらの椅子も初・腰掛けw
ゆったりとしたすわり心地ではありますが、ちょっと固めなかんじ。
意外でしたが、(私としては)スリーレッグドシェルチェアの方がすわり心地がよかったですね♪

つぎに、2Fには(またまたウェグナーの)Yチェア(CH24)が並ぶカフェがぁ♪

3Fのレストランには、アルネ・ヤコブセンの「スワンチェア」&「セブンチェア」。

swan_seven.jpg

セブンチェアはともかく、スワンチェアもなかなか座れる機会は少ないので、貴重ですよー。

最後にB1F。
ラウンジには、やはりヤコブセンの「エッグチェア」。

egg_chair1.jpg

今年誕生50周年を迎え、記念モデルも発売された名作椅子です。
こちらも、今回が初・腰掛け。
ただでさえ、すわり心地がいいのに、ロッキング機能もついてるんですねー。感動的ですらありましたw

そして、カフェテリアには(またまたヤコブセンの)「アントチェア」も。

北欧家具、とくに椅子ファンの方は、絶対行くべきスポットだと思いますよ♪

国立新美術館【HP
東京都港区六本木7-22-2
TEL.03-5777-8600
開館時間 10時〜18時(入館は17時30分まで)
休館 毎週火曜日(祝日又は休日に当たる場合は開館し、翌日休館)

→インテリア系ブログのチェックはこちらから。
posted by 市朗 at 16:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 建築系
この記事へのコメント
市朗さん、こんにちは。

「国立新美術館」良いですね〜
毎回素敵なレポートありがとうございます♪

>前面を覆うガラス・カーテンウォールが大波のようにうねるファサードが、近代的で印象的な建物

私には天に広がる“オーロラ”が浮かんできて、野生を感じました!

ところでこの椅子たちは、期間限定展示とかではなく全て普通使用されているのですか?

「スワンチェア」は前から気になっていて一度座ってみたかったのですが、例えお店とかにあったとしても気軽にお試しで座るなんてできない気がして・・(小心者ですねぇーとくに周りに人がいたりすると勝手に緊張してしまいます・・f(^_^)

今年の開館スケジュールは23日までみたいなので来年時間を作って行っていたいと思います♪
Posted by ひよこまめ at 2008年12月18日 10:44
ひよこまめさん、こんにちわー。

>この椅子たちは、期間限定展示とかではなく
はい、展示ではなく、休憩用の椅子およびカフェ・レストランの椅子として使われています。

>「スワンチェア」は前から気になっていて
スワンは3Fのレストランに使われていましたので、お店に入らないとじっくりは味わえないかも。

機会があったらぜひ寄ってみてください。
椅子に座るだけなら無料です♪
Posted by 市朗 at 2008年12月20日 14:04
市朗さん、返答どもです。
そうなんですね〜聞いてよかった♪

今度行ってみます!!
Posted by ひよこまめ at 2008年12月22日 17:41
どういたしまして☆
Posted by 市朗 at 2008年12月23日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL