Sponsored Links
2009年03月01日

サイドボードを探しています

読者の方から、ご質問を頂きました。

いつも楽しく拝見させていただいています。
ご意見をお聞きしたいのですが、今、サイドボード(狭いリビングに置く腰高の収納家具)を探していて、アンティークの白い北欧っぽいのがいいのですが、横浜、都内でどこかお勧めはありませんでしょうか?

また、先日南青山の雑貨屋さんでインドネシアの50〜70年のチーク(もしくはオーク材)のサイドボードがリペア済みで8万円ほどでありました。
引出3つ、扉2つでデザインはまあまあなのですが、インドネシアのもの、というところと値段が安すぎる・・・というのが気になっています。
ご意見お聞かせ願えますか?

大きさは奥行45、高さ90、横150です。
よろしくお願い致します。



ちこさん、ありがとうございますm(_ _)m

さて、お尋ねの件ですが、ちこさんの欲しいサイドボードのイメージがもうひとつわかりません。

>アンティークの白い北欧っぽいのがいい

北欧アンティークといえば、大概チークもの(=茶系)が主流になると思いますが、"白い"ということはパイン系ですかね?
でも、インドネシア製チークものが気になるということは、やっぱりチーク??

とりあえず、北欧アンティーク家具を取り扱っているお店を、下にピックアップしておきますね。

>インドネシアのもの、値段が安すぎる…というのが気になっています。

これは、実物を見ないと判断はできませんね。

たとえば。。。
以前こちら『【MOKUな話】チーク』で触れたように、チークは亜熱帯で育つ木で、北欧では輸入(植民地絡み?)して家具に使っていました。
そのため、北欧アンティークの箱もの家具のほとんどは、木材を有効利用できる"突き板"という技術を使ってます。
それには技術力の高さが要求されますし、その技術力が"洗練さ"につながっていきます。

一方、産地である東南アジアでは、当時ふんだんに木材が使えたわけで、いわゆるアジアン家具では無垢材を豪快に(笑)使ったものも多く、デザイン的には素朴な印象のものが多くなるわけです。

そのサイドボードがどんな造りか(アジアン系?突き板?)によって、値段の割りに木材は贅沢に使ってるかもしれませんし、技術的にはやっぱり荒いのかもしれませんw
(ブランド力のない)インドネシア製だから、安い値がついている可能性もないわけではありませんしね。


◇◆◇おすすめ北欧アンティーク家具屋◇◆◇

【目黒通り】
karf 
目黒。北欧ほか、カントリー系、オリジナル家具と、ちょっと覗いてみる価値はあると思います。

Lewis 
目黒。以前行ったときはデンマーク製のチーク家具が豊富でした。

Fusion Interiors 
学芸大学。小さなお店ですが、デンマーク&オランダ製のチーク家具中心。

【国道246号】
スカンジナビアンファニチャーサービス
用賀。都内では最大級と思える北欧中古家具専門店。要check!

THE GLOBE
三茶。北欧家具がどのぐらいあったかはっきり覚えてないのですが、あらゆる様式のアンティーク家具が一度に見れるので、覗いてみても損はないかも!?

【吉祥寺】
a・PeX 吉祥寺店 
駅から歩いて15分。そんなに大きくないお店ですが、掘り出し物が見つかるかも!?

transista
駅から歩いて15分。正確には北欧製ではなく、北欧スタイルの英ブランド"G-plan"のチーク家具を扱っています。詳しくは記事を。

【八王子】
デコデモデ・ホールセールオークション
福生デコデモデ主催のアメリカ、デンマーク中古家具オークション。入札式なので、鑑識眼が必要かも。次回は3/21,22開催。

◇◆◇オリジナル家具屋◇◆◇

【学芸大学】
Standard trade
ナラ材専門のオリジナル家具屋。北欧アンティーク家具に混ぜても違和感のないデザインだと思いますので、興味があれば。オーダーも可能ですし。

↑店名をクリックしてもらえれば、該当記事に飛びます。
以上、参考になれば、幸いです♪


posted by 市朗 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアな話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。