Sponsored Links
2010年05月21日

那須のタミゼ黒磯

NASU SHOZO CAFE』を出たあとは、那須I.C.方面に戻り、そのままJR黒磯駅近辺へ〜。

目的地は、週2日間のみ営業しているという、妙な観光案内所「tamiser kuroiso(タミゼ黒磯)」。

kuroiso_tam.jpg

こちらは、名前から察せられるように、恵比寿の古道具屋「antiques tamiser」のオーナー吉田昌太郎さんが開いた観光案内所です。

場所は、黒磯駅前の通りを右へ、数分いったところ。元々こちらの建物は元タクシー会社の整備工場だったそうで、道を挟んだ真向かいにある、その那須合同タクシーが目印です。

さて、この日は木曜日。
週2日、月・火曜のみしかオープンしてませんからクローズ中。ウ〜ム、残念。。。
観光案内所なのに、肝心の土日に開いていないwという奇妙さは、吉田さんの2重生活ゆえ。(黒磯は彼の生まれ故郷だそう)
月曜の朝に来て、水曜の朝に帰京するらしいです。

観光案内所の建物の左、ちょっと奥の建物は吉田家の居住空間になっているそうです。

kuroiso_tam2.jpg

まったく中は覗けませんでしたが、中は広さ200平方メートル近い大空間ワンルームになってるそうですよー。

ちなみに、こちらの室内の様子は、現在発売中のBrutus「居住空間学2010」で紹介されています。



burutus_tam.jpg

さすが癒されそうな空間に仕上がってますねー☆

そんな生活ぶりが垣間見れる前庭。。。

kuroiso_tam3.jpg

こんな無造作に薪やグリーンなどを置きっぱなしにしてたら、東京なら盗まれちゃうのでは!?(笑)

ああ、それにしても、中を覗いてみたかった!
リベンジできる日がくるといいのですが。。。。

タミゼ黒磯【HP
栃木県 那須塩原市(旧黒磯市)本町3-13
TEL:0287-74-3448
営業 毎週月・火のみ 11:00〜18:00

→インテリア系ブログのチェックはこちらから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。