Sponsored Links
2006年04月08日

よかったですぜ、『MAKING TRUCK』

mk2.jpg
以前取り上げた『MAKING TRUCK』。読み終わりました。
よかったですー。

家具をつくる、店をつくる。そんな毎日。 -MAKING TRUCK-

最初本屋で手にとってペラペラ中身を見たとき、さすがにカタログを2冊持っているだけに、写真に新鮮味がないなーと思ったんですよ。

実はTRUCKのキッチンがカッコよくてお気に入りなのですが、カタログにはほとんど載ってなくて、たまに雑誌なんかにチラッと載っているだけなので、今回この本に期待していたのですが、それも1カットあるだけだったのです。
シロクマ舎の写真がお初ってかんじではあったのですが。。。

それで買うか、ちょっと躊躇したのですが、ブログネタになるしなー(笑)と思い購入。読んでみたら、いやー、よかったです。
躊躇して、ごめんなさい、ってかんじ。

文章はライターさん(?)が書いているのですが、ご夫妻二人の生活スタイルや家具への思いなどがすごく伝わってきます。

TRUCKの魅力ってモノそのものより、二人が作り出すセンスやテイスト、空気感みたいなものだったりすると思うんです。
それはカタログの写真を見てるだけでも、読み取れていると思っていたのですが、やはり文章で伝えられると、「へー。ハー。」となりますね。

二人の過去やTRUCKの歴史もわかりますし、商品のネーミングの由来なんかも。
「FK SOFA」のFKが「For Kentaro」だったとは(笑)
mk_c.jpg
ただ、余計なお世話ですが、こんな理想のカップル像を打ち出しちゃって、数年後に離婚なんかしていたりすると、カッコ悪いですねー。
って、ワタシ、ちょっと意地悪いですね。
ひとり者のヒガミということで、お許しを(苦笑)

最後に、afterword(あとがき)で、D&DEPARTMENTのナガオカ氏が登場。
なんとTRUCKに憧れて、TRUCKを意識して、D&DEPARTMENTを作ったそうです。

D&DEPARTMENTを勧めるとき、「TRUCK好きなら気に入ると思うよー」と言っていたのですが、間違ってなかったんですねー。


→私が意識するブログたちはこちら
posted by 市朗 at 09:00 | Comment(3) | TrackBack(1) | インテリア本
この記事へのコメント
市朗さん、毎度です!
Truck展のポスター、会場にいらした方に訊いてみたのですが、販売はしてなかったです。残念、売ってたら3枚は買ってそうな勢いだったんですが。ところで、お話ずれますが、阪神ファンでいらっしゃいますか〜?
Posted by Rica at 2006年04月09日 23:41
やっぱり、阪神ファンですねん♪
アニキの記録達成の瞬間は、分かってたけど感動しました〜。
この時のエピソード、和田コーチのサイトで披露されてますよ。おもろかったです。
Posted by Rica at 2006年04月12日 23:33
こんにちわ、Ricaさん。
コーヒーの雨は大丈夫ですか?(笑)
和田コーチのサイト見ました。笑えましたー。
ちなみに彼は、うちの地元出身なんですよ。
Posted by 市朗 at 2006年04月14日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16289536

MAKING TRUCK展 レポート
Excerpt: こんにちは、Ricaです。ランキング、クリックありがとうございました(大喜)♪ Truckの展示もよかったですよ、いちおうTBしておきました~。 そうそう、『Be Sure』の同じ号お持ちですか! い..
Weblog: 果てしなき マイ6畳間 改造計画
Tracked: 2006-04-09 12:23