Sponsored Links
2006年05月17日

コンクリートなのに明るい?

rc1.jpg
"光を通すコンクリート"ができたそうです。

住田光学ガラス
http://sumita-opt.co.jp/ja/

光学ガラスメーカー、住田光学ガラスが開発したもので、数十万本もの光ファイバーが埋め込まれたこのコンクリートは、見た目には普通のコンクリートと同じなのですが、自然光や電灯を通し、あたかも障子のように影絵のような表現も可能だそうです。

フジテレビのアンビリバボーで紹介されていました。

『奇跡体験!アンビリバボー:あるはずのないモノ』

光ファイバーって、面白いことができそうな、興味ある素材なのですが、この手がありましたかー。
誰もが採光はよい方がいいだろうし、電気使用量という面でもエコな商品ですね。
rc2.jpg
清水圭曰く、『教会の壁に十字型に埋め込んだら、昼は中に十字の日光が入り、夜は外に照明の光が十字に放たれて、いいかんじでは?』
確かに、あたらしもの好きの建築家が飛びつきそうですね(笑)

同じ要領で、光ファイバーを埋め込んだら面白くなりそうなもの、色々ありそうですよね。ちょっと考えてみようと。


→インテリア系のネタチェックはこちら
posted by 市朗 at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL