Sponsored Links
2011年12月28日

柳宗理氏、死去。

工業デザインの草分け、柳宗理さん死去



日本の工業デザインの草分けで文化功労者の柳宗理(やなぎ・そうり、本名=むねみち)さんが25日、肺炎のため死去した。96歳。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は妻、文子(ふみこ)さん。

東京都出身。民芸運動を提唱した思想家、柳宗悦(むねよし)さんの長男。昭和13年に東京美術学校(現東京芸術大学)洋画科卒業後、21年から工業デザイン研究を始め、28年に柳工業デザイン研究会を設立。シンプルで使い手の側に立った作品で知られ、代表作に「バタフライスツール」。普段使いの食器から、札幌五輪の聖火台、関越自動車道・関越トンネル坑口まで幅広い分野を手掛けた。

昭和56年に紫綬褒章、平成14年に文化功労者。

(引用:産経新聞 2011.12.26 11:14配信)



うおー、ついに亡くなられてしまいましたかー。
まぁ、年齢(96歳)的には大往生と言っていいんでしょうけど。。。
偉大なデザイナーですからねぇ、もう新作が出てこないと思うと残念です(><)




バタフライスツールはいまだ憧れの家具だし、ミルクパンやカトラリーは愛用してますよ〜。

そうそう、柳宗理といえば、父親は民芸運動創始者で哲学者の柳宗悦氏。
血筋というか、DNAというか、すごい親子なんだなーという印象でしたが、こんな記事も発見。

→「人に奉仕する美」を追求 息子が明かす柳宗理さんの横顔

やはり色々葛藤はあったようで。。。たしかに、偉い父親を持ったら息子は大変ですもんねw

謹んでご冥福をお祈りいたします。

→インテリア系ブログのチェックはこちらから。


posted by 市朗 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアな話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。