Sponsored Links
2012年03月29日

【伊豆旅8】修善寺散策

松崎のあとは再び土肥方面に戻り、土肥から内陸部へ、修善寺を目指します。
こちらはどっぷり山道ですが、海岸沿いのワインデイングロードよりは走りやすいかんじ(^^
結局、松崎から1時間半ほどで、修善寺に到着♪

shuzen_f.jpg

近くの駐車場に車を停めて周辺散策&昼食を。
まずはもちろん修禅寺からw

shuzen_f2.jpg

修禅寺は言わずと知れた、弘法大師(空海)が807年に開創した由緒正しいお寺。
源頼家が幽閉されるなど源氏ゆかりの場所でもありますね。
ちなみに、地名は修"善"寺で、お寺名は修"禅"寺なんですね、知らなかったw

shuzen_f3.jpg

境内には有名なだるま石。

shuzen_daru.jpg

竹林に鐘。風情がありますね〜♪

shuzen_ring.jpg

修禅寺前を流れる桂川。この川沿いは、秋には紅葉の名所だそうですね。

shuzen_kawa.jpg

右上に見えるのが"独鈷の湯"。
弘法大師が独鈷杵で打つとお湯が湧き出した、という言い伝えがある温泉なんだとか。

対岸を桂川沿いに進むと、現れるのが"竹林の小径"。

shuzen_tiku.jpg

「伊豆の小京都」と呼ばれる修善寺らしいスポットですねw
竹林の小径を抜けると、見えてきたのが桂川にかかる"楓橋"。

shuzen_kae.jpg

もうひとつ手前の"桂橋"なども含め、計4つの朱塗り欄干の橋が架かっています。
で、楓橋を渡らず、逆方向に進んでやってきたのは、お蕎麦屋「朴念仁」さん。

bokunen_f.jpg

神田の名店「いし井」で修行を積んだご主人が、無添加・無農薬のそばの実を使って手打ちする、こだわりの十割そば☆
座敷の席からは竹林の風景が見渡せます。

オーダーしたのは生桜エビのかき揚げとせいろ。

bokunen_soba.jpg

そばはチョー細くて、ツルンと喉越しも良くて美味しい。
かき揚げも絶品でしたよ〜(^^

修禅寺【HP
静岡県伊豆市修善寺964

朴念仁【HP
静岡県伊豆市修善寺3451-40
TEL.0558-73-0073
営業 11:00〜15:30(売切れ仕舞い)
定休 水曜

→インテリア系ブログのチェックはこちらから。


posted by 市朗 at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。