Sponsored Links
2006年12月16日

『ハンス・ウェグナーの椅子100』

ハンス・J・ウェグナーはご存知ですか?

デンマーク家具の巨匠で、「椅子の詩人」「椅子の巨匠」と呼ばれる、世界的に有名なデンマークのデザイナー(家具職人)です。
デザイン性と手頃のお値段が魅力のYチェアは日本でも人気ですね。

そのウェグナーの椅子100脚を取り上げている本をご紹介します。

chair100.jpg

500脚を越える椅子をデザインしたウェグナーですが、その中からの選りすぐり100脚を見ることができます。

これらを眺めていると、「椅子の巨匠」と呼ばれるに相応しいデザインでありながら、彼の実直で堅実なありようがとても感じられます。

実際、彼は自分のことをデザイナーではなく家具職人と考えているそうです。

そして、木製の椅子へのこだわり。。。
連続してみると、たしかにみんなそれぞれ似ているですよ。
しかし、単純な自己模倣ではなく、それぞれ進化&深化させているというのがわかります。

椅子のほかにも、ウェグナーの自邸やウェグナー博物館の紹介記事もあります。
面白い話では、ウェグナー博物館の地元では彼に対する関心はさほど高くなく、そこを訪れる日本人の方がよっぽど高いそうです(笑)

また、なかなか日本では知られていないデンマークの家具業界の実情なんかも垣間見れます。
デンマークには名作家具が多いですが、それらを生み出すデザイナーと職人の関係、それを支えるマイスター制度などが紹介されています。
ホント、日本人には羨ましい環境ですよー。

ウェグナーファンには、必見の本ですね。

→インテリア系ブログのチェックはこちら


posted by 市朗 at 02:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | インテリア本
この記事へのコメント
こんばんは〜。
ウェグナーの椅子いいですよね。
でもこの本知りませんでした・・。
無性に欲しくなってます・・。本を・・。
教えてくださって、
ありがとうございます。
また寄りま〜す。
Posted by e-designkagu at 2006年12月25日 00:08
e-designkaguさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

ウェグナー好きなら、この本、買って損はないと思いますよー。
ただ本を眺めていると、本物の椅子がほしくなってしまいますけどねー(笑)
Posted by 市朗 at 2006年12月26日 01:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。