Sponsored Links
2012年10月23日

信州名物"おやき"&安曇野の大王わさび農場

今回は安曇野&松本旅行に行ってきました♪

朝6時過ぎに自宅(横浜)を出て、中央道で一路信州へ〜。
10時前に安曇野I.C.(←先日豊科I.C.から名称変更したそうw)に到着。

まずは、お昼までのつなぎで、信州名物"おやき"を食べることに。
やってきたのは、安曇野I.C.近くのおやき専門店「うしこし」。

usikosi_f.jpg

こちらのお店の特徴は、豪快な"石焼き"w
1個200円で、メニューはなす、お菜、切り干し大根、あんこ、野菜ミックス、激辛、チーズ、黒糖、かぼちゃなど8,9種類ほど。

usikosi_isi.jpg
↑こんなかんじで焼いているので、注文の品によって焼き上がりに待ち時間が発生するようですね。

今回頼んだのは、お菜(野沢菜)とかぼちゃ。

usiko_oya.jpg

チーズや黒糖にも惹かれたのですが、やっぱり信州らしさと言えば野菜系かなとw
モチモチとした米粉パン的な生地で、美味しかったです。かぼちゃは甘いのかな、と思ったらややしょっぱい味付けでなかなか面白かったw

お店は基本、売店(持ち帰り)がメインみたいですが、休憩所的な席(&無料お茶)も用意されているので食べて帰ることも可能です。

うしこし【HP
長野県安曇野市豊科田沢7038-21
TEL. 0263-72-6318
営業 9:30〜売り切れ
定休 水曜


つづいては、安曇野観光には必須の「大王わさび農場」へ〜。

wasabi_f.jpg

東京ドーム11個分(15ha)の敷地に、青々とした"わさび田"が広がります♪
そのほか、神社やら洞窟やら石垣なんかがあり敷地内を散策できますが、まぁ農場を観光スポットにしてひと儲けなんて賢いなw

きれいな水がないと育たないわさび、その源は北アルプスからの湧水です。それが集まって清流となって"わさび田"の横を流れています。

wasabi_r.jpg

水が超綺麗です。
そして、その清流のほとりにあるのが、黒澤明監督の『夢』の舞台となった3連水車。

wasabi_s.jpg

雰囲気よいですね☆
どんないわれのある水車なのかな〜と思ったら、じつはこの映画のために建てた"セット"なんだとかw
なので、せっかく回ってる水車も粉引きや発電などに利用されているわけではなく、ただ無駄に回ってるだけなんだそうw

また、この清流はクリアボートにて(15分900円)水上散策で満喫できます。

wasabi_boat1.jpg
↑ボートから撮影

この日はお客さんも少なかったので、貸切〜☆
通常貸切にするのには7,000円以上かかるそうなので、ラッキーでした(^^

で、先ほどの水車スポットへ〜。

wasabi_boat2.jpg

この角度からの写真はクリアボートに乗らないと撮影できないそうですよ。

そして、最後は名物グルメw

wasabi_sft.jpg

わさびソフトとわさびコロッケ☆
そんなに辛くなくて、おいしかったです。
食欲の秋ですからね、ガシガシ行きますよ〜w

大王わさび農場【HP
長野県安曇野市穂高1692
TEL. 0263-82-2118
営業 [9・10月] 8:30〜17:30
※年中無休

→インテリア系ブログのチェックはこちらから。


posted by 市朗 at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。