Sponsored Links
2014年03月15日

ホエールウォッチング in 慶良間【冬沖縄旅行記5】

2日目。
この日だけ"朝食なし"のプランなので、前夜買っておいたおにぎりで朝食w
もっとも、午前中はホエールウォッチングに行くので、船酔い対策として朝食少なめは好都合です(^^

今回、私が申し込んだのはNEWS社。
揺れに強い船、クジラが見れなかったら全額(3,800円)返金、というのがウリです。
私としても、旅行第一夜を那覇泊にして2日目にホエールウォッチングを組み込んだのは、もしクジラが見れなかったら、最終日あたりに再チャレンジできるな、という思惑ですw

で、8時過ぎにホテルに送迎の車が来ました。(レンタカーはホテルにおいておくことにし、送迎を頼みました)そのあと、いくつかホテルを回った後、8時半前に三重城港に到着。

hw_boart.jpg
↑こちらが今回乗船するクルーザー

受付&手続きなどを済ませ、9時ちょっと前にいよいよ出航♪

hw_harbor.jpg

本日は天気も良く、海もベタ凪。今年一番の凪状態だそうで、船酔いになる人も皆無でした(^^
ただし、天気とクジラ遭遇率に相関はないそうで、一抹の不安。。。

hw_kerama.jpg

30〜40分ほど走って、慶良間諸島近海までやってきました。
クジラを探しているようで、あちこち旋回しているのがよくわかりますw

hw_kerama2.jpg

このとき私の頭に浮かんだのが、『水曜どうでしょう』の最新作。
大泉さんたちがアフリカに上陸し、車で野生動物たちを見て回るのですが、チーターの情報が無線で入り、そこへ移動すると、既に数台の車が停まっていて、その先でチーターの親子が食事中、というシーンでした。

やがて、「クジラ発見!」との報が入り、船が移動していくと。。。

hw_senko.jpg

すでに2艘のクルーザーが停泊しています。その先にクジラがいる模様。
やっぱり、クジラ自体を探すよりも、クジラを見つけた船を探す方が効率が良いようですねw

こちらの船も近づいていくと。。。

●ブロー(潮吹き)!!
hw_blow1.jpg

クジラといえば、まずはコレですよねw
で、やっぱりクジラ発見の目安になりやすいそうです。

カップルなのか、親子なのか、よくわかりませんが、クジラが2〜3頭いるようです。

hw_swim2.jpg

移動するあとを追っかけますw (最終的には小一時間ほど。。。)

hw_swim1.jpg

●フルークアップ/フルークダウン
hw_tail1.jpg

潜水しようとするとき、尾ヒレを見せるポーズを"フルーク"と言うそうです。
その際、尾ヒレの裏側の模様を見せるときを"フルークアップ"、

hw_tail3.jpg

見せない時を"フルークダウン"と言うんだとか。

そして、待望の、
●ブリーチ!!
hw_breech1.jpg
hw_breech2.jpg

大きなジャンプを2回飛んでくれました。感動☆
ホエールウォッチングでこれが観れるのはほんの15〜20%程度だとか。
いや〜、このときばかりは一眼レフが欲しくなりましたよ〜

最後には…

●ぺックスラップ
hw_pec1.jpg
hw_pec3.jpg

身体を横向きにして、胸ビレを水面に叩きつけるアクションですが、ウォッチング終了時間になった我々には、「バイバイ」と挨拶された気分に♪

このあと、クジラから離れ、30分ほどで港に戻ってきました。〆て2時間半ほどの航海なり。
予定は3時間でしたが、クジラを見つけてから追跡は1時間以内との協定があるようで、今回はちょっと早く終わったのでした。
ああ、でも、ブリーチが見れましたしね、大満足でした☆

NEWS【HP
沖縄県那覇市曙1-16-6
TEL. 098-862-2862

→インテリア系ブログのチェックはこちらから。


posted by 市朗 at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。