Sponsored Links
2014年05月06日

はけのおいしい朝市 in たてもの園

沖縄の旅行記が長くなったので、遅くなりましたが、3/30に行った朝市の話をご紹介。



武蔵野エリアで、毎月第1日曜日で開催されている定期イベント「はけのおいしい朝市」。

今回はその特別ver.で、江戸の下町風情漂う会場にアンティーク・古道具・古家具などいつもより多い約30の出店がずらり並ぶという、「はけのおいしい朝市 vol.56 in 江戸東京たてもの園」に行ってきました。

が、当日は大雨&強風の荒天でけっこう大変でした(><)

横浜からは2時間ほどかかって小金井公園に到着。
小金井公園の中の"江戸東京たてもの園"を目指します。

tate_ent.jpg

↑こちらが、江戸東京たてもの園の入り口であるビジターセンター。

たてもの園は、江戸時代から昭和初期までの文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示した野外博物館で、入園は有料(大人400円)です。

入園したら「はけのおいしい朝市」の会場である東ゾーンを目指します。
園内には30棟ほどの建物があり、東・センター・西の3エリアに分かれていて、東ゾーンは、荒物屋・文具店・生花店・銭湯など商業建築が集まるエリアです。

tate_east3.jpg

町並みはこんなかんじ。なかなかよい雰囲気(^^

tate_east1.jpg

奥に白いテントが見えますが、こちらが朝市に出店しているお店です。

hakenoichi.jpg

しかーし、私が目当てのアンティーク家具屋さんは、雨のため、テント内に小物が並べられているだけで、ちょっと興味を引くものがなかった(><)
う〜ん、たしかに家具に雨は天敵ですからね。。。

tate_east2.jpg

そのほか、焼菓子やパンなどの飲食屋さんのテント群があり、文房具店や革製品などの雑貨系のショップは建物内のスペースを使っていました。家具系も室内スペースだったらよかったのにねぇw

ひと通り観終わった後は、たてもの園全体を散策することにしました。

tate_train.jpg

↑古い電車なんかもw
つづきます。。。

江戸東京たてもの園【HP
東京都小金井市桜町3-7-1
TEL. 042-388-3300
営業 [4月〜9月] 9:30〜17:30
[10月〜3月] 9:30〜16:30
休園 月曜

→インテリア系ブログのチェックはこちらから。


posted by 市朗 at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 骨董市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。