Sponsored Links
2014年08月05日

小海町高原美術館【軽井沢旅行記15】

「懐古園」から軽井沢方面にやや戻った後、一気に南下、八ヶ岳方面へ〜。
一時間ほど走ってやってきたのは、八ヶ岳山麓の松原湖近くにある、有名建築家・安藤忠雄が設計した「小海町高原美術館」です。

koumim_f0.jpg

西日本に作品が多い安藤氏、東京でも商業施設(「コレッツィオーネ」「表参道ヒルズ」など)や駅なんか(「渋谷駅」「大井町線上野毛駅」など)なら作品を観ることができますが、敷地がたっぷり使える公共施設系は東京近辺には少ないので、こちらはちょっと貴重です♪

この日は運悪く、展示会と展示会の合間で休館中。中に入ることはできなかったので、外観だけ楽しむことに。
といっても、正面からだと全然全体が見渡せない(><)

koumim_up.jpg

仕方なく、敷地の裏側に回ってみると。。。

koumim_dwn.jpg

小高い丘の上の建物を見上げるかんじ。
おや、近くにこんなのもあるぞ。"展望台"って書いてある。明らかに、こちらも安藤氏作だよなぁw

koumim_ten.jpg

そう、美術館の全景をわざわざ見渡すため(?)の4階建ての展望台も備えています。すげーな、安藤忠雄!(笑)
で、展望台からの全景がこちら↓

koumim_fll.jpg
↑クリックで拡大表示。3枚の写真を合成しています。

この美術館は1997年作ですので、最近の(安藤氏の作風である)ガラス張り系ではなく、(元来の)コンクリート打ち放し系のデザインです。
コンクリ壁の曲面使い、斜面を使った半地下化、コンクリとガラスのコンビネーションなど“THE 安藤忠雄”ってかんじです(^^

koumim_sl.jpg

美術館は、基本展示室では(作品保護のため)日光を嫌います(=窓がない)が、一方、ロビーなどは日の光を入れて明るく解放感たっぶりにするなど、“光と影のコントラスト”を駆使した演出が可能なんですよね。
う〜ん、やっぱり中入りたかったなぁ〜。



小海町高原美術館【HP
長野県南佐久郡小海町豊里5918−2
TEL. 0267-93-2133
開館 9:00〜17:00
休館 火曜、祝日の翌日、冬期(2014年12/24〜2015年4月上旬)
展示替え期間(6/9〜6/20、8/25〜9/5、11/4〜11/14)

→インテリア系ブログのチェックはこちらから。
posted by 市朗 at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL