Sponsored Links
2014年08月08日

鶴見の横溝屋敷

横浜市鶴見にある、横浜市指定有形文化財「横溝屋敷」へ〜。
環状2号からちょっと入ったところ、ショッピングモール「トレッサ横浜」の近くにある、豪農屋敷です。

yokomi_f0.jpg
↑表門

畑や緑に囲まれた場所で、環状2号沿いの都会の喧騒とはうって変わった雰囲気でビックリです。

yokomi_f.jpg
↑主屋

茅葺き屋根が立派な古民家ですね〜。
横溝家は16世紀末から代々、獅子ヶ谷村の名主(庄屋)を務めた家柄だそう。
長屋門・主屋のほか、文庫蔵・穀蔵・蚕小屋の5棟があります。

yokomi_1f.jpg
↑主屋の1階

広間・仏間・奥座敷など和室6間が連なり、日本家屋らしい眺めですw
当然、庭に面した縁側もあり、やっぱりよいですよね〜、縁側。
ちなみに、この家、勝海舟や高杉晋作とも所縁があるそうです(^^

yokomi_2f.jpg
↑2階の展示

現在は獅子ヶ谷村の歴史や横溝家の紹介など展示スペースになっていますが、元々はここで養蚕がおこなわれていたとのこと。
横浜で養蚕って意外な気もしますが、明治時代、上州(富岡製糸場が有名ですね)などから運んできた生糸を横浜港から輸出してたそうで、それに影響を受けて横浜郊外の農家でも養蚕が盛んにおこなわれたんだとか。

yokomi_kr.jpg
↑2階から穀蔵の眺め

穀蔵は文字通り穀物の貯蔵倉ですが、現在は農具や養蚕関連の古道具の展示スペースになっています。

入館無料ですし(寄付金は気持ちだけ入れましたがw)、無料駐車場もありますので、興味のある方はぜひ立ち寄ってみてください。

横溝屋敷【HP
神奈川県横浜市鶴見区獅子ケ谷3-10-2
開館 9:30〜16:30
休館日 第1・第3月曜(※祝日の場合は翌日)

→インテリア系ブログのチェックはこちらから。
posted by 市朗 at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/403372584