Sponsored Links
2015年07月12日

ノアの箱舟&GARUKU【北海道旅23】

泊まったホテル(札幌エクセルホテル東急)のすぐそばには、こんな建築物があります。
中に入ってるお店は「北の海鮮炙り ノアの箱舟」。

noah_f.jpg

奇抜なデザインのこの建物は、バブル時代、イギリスの建築家ナイジェル・コーツ氏によって建てられました。
店名とおり“ノアの方舟”をモチーフにしてます。

noah_f1.jpg

バブル当時、建築学科の学生だった私としてはちょっと感慨深い(^^
(写真では)石造り的(正確にはコンクリ?)な印象ですが、実際に観ると、2階の窓廻りの木造作がなかなか見応えがあります。

noah_f2.jpg

店内も観たいところですが。。。
こちら、炉端焼きのお店なわけですが、コース料理のみ&店員が1テーブルに1人付いて焼いてくれる、という、一人客には非常に入りづらいシステムで、断念しました。
普通のお店だったら入ったのになぁ(><)

ノアの箱舟【HP
北海道札幌市中央区南8条西4
TEL. 011-521-3022
営業 17:00〜23:00 ※無休


で、本日の夕食はスープカレーを。。。
じつは私、スープカレーを食べたことなかったので、本場のスープカレーを楽しみにしてました。

当初は元祖「マジックスパイス本店」に行こうと思っていたのですが、車の運転に疲れた(函館→小樽→札幌)ので、歩いて行けるすすきのの「GARUKU」へ〜。

すすきの駅から歩いて3分ほど、繁華街の中にあるビルの2Fにあります。

garak_in.jpg
↑待合席からの店内

ネットの評判を見る限り、けっこうな人気店のようで行列も覚悟してましたが、2組待ちで10分ほどで席に着けました(^^

オーダーしたのは“とろとろ炙り焙煎角煮”。

garak_crry.jpg

トロトロ角煮にゴロゴロ野菜、(他のメニューに比べて)ちょっと見た目は地味系ですが、味はガツンとインパクトある旨さです。
角煮のコクまろさと、あっさりスパイシーなスープの相性が抜群ですよ(^ 〜^)

ちょっとハマりそう、東京なら八王子に支店があるのかぁ。。。

GARUKU【HP
札幌市中央区南3条西2-7 2F
TEL. 011-233-5568
営業
平日[ランチ] 11:30〜15:30
平日[ディナー] 17:00〜23:30
日祝[通し営業] 11:30〜22:00
※無休

→インテリア系ブログのチェックはこちらから。
posted by 市朗 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/422228889