Sponsored Links
2008年05月26日

『かもめ食堂』のアアルト家具

遅ればせながら、映画『かもめ食堂』をDVDで観ました。

kamome.jpg

北欧・ヘルシンキでカフェ(←正確には食堂w)をオープンするという、いかにもいまどきの女子うけしそうな設定に、片桐はいり→室井滋にすれば『やっぱり猫が好き』なキャスティングと、ちょっと狙いがバレバレな気がして食指が動かなかったのですが、評判はすこぶるよろしいようなので、観てみた次第ですw

で、観おわった感想は、評判どおりよかったですねぇ♪
なにか大きな出来事が起こるわけでもなく、淡々と、そしてまったりとストーリーが進んでいくのですが、そんなゆる〜い空気感を狙っていることを分かりながらも、はまってみるとけっこう心地いい(^ ^)

サチエ(小林聡美)がなぜヘルシンキで現地の人相手に日本の家庭料理の店を始めたのか? という背景を描かないことがこの物語のファンタジー性を増しているのでしょうねぇ。

in_kamome.jpg

さて、このブログ的には、かもめ食堂の家具に触れないわけにはいきませんw
フィンランドと言うことで、予想をはずすことなく、食堂のテーブルと椅子はアルヴァ・アアルトがデザインのartekテーブル(左)とチェアNo.66(右)。



アルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)とはフィンランドが世界に誇る建築家で、モダニズム建築の巨匠。また、"artek(アルテック)"社は、そのアアルトが自分の家具を販売するために起ち上げた会社です。

積層合板の成形技術と曲げ技法を駆使して作られた、このテーブル&チェアはアアルトの代表作で、人気のある逸品なんですよねぇ。
現地ではどのくらいのグレードかわからないですが、日本ではそこそこのお値段がしますので、弱小食堂には贅沢? という気もしないではないですが。。。(そこは映画ですからねw)
さらに「でもせっかく北欧なんだから、不揃いでいいから、一脚々々アンティークの椅子を使ってくれればいいのに(←もっと贅沢か?)」と思う私。。。

店のファサード(正面)や店内の腰壁の水色遣いは北欧らしい雰囲気でGood。
そうそう、女性に人気のフィネル社のコーヒーポット(designed byアンティ・ヌルメスニエミ)も飾られていて、押さえるところは押さえてますねぇ(笑)

そのほか、マーケット(市場)や路面電車など街の風景、港のかもめ、ムーミンの故郷たる森林など、まだ見ぬ街の風情を満喫できます♪

北欧好き、インテリア好きでまだ未見の方は、ぜひ観てみてください。



→インテリア系ブログのチェックはこちらから。


posted by 市朗 at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアな話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。