Sponsored Links
2017年02月14日

つくるガウディ〜Making GAUDI

先日TVを観てたら、街ブラ・ロケでお店の壁に気になるポスターを見つけたので、さっそく検索♪

makinggaudi.jpg
↑こちらのポスターでした。

INAXライブミュージアム10周年特別展『つくるガウディ』Making GAUDI
会期:2016年11月5日(土)〜2017年3月31日(金)
○第1会場『つくるガウディ−塗る、張る、飾る!』/「土・どろんこ館」企画展示室
○第2会場『つくるガウディ−実測で読み解く』/「世界のタイル博物館」企画展示室

ほぅ、ガウディをテーマにした展示会らしいですが。。。
2企画あって、一つはガウディ・モチーフの作品をライブ制作&公開、もう一つはガウディ建築を実測調査した実測図面の展示、とのこと。
うーん、なかなかマニアックな展示ですね、ぜひ行きたい!と思ったら、INAXだから常滑(←愛知県)ですかぁ、無理だorz
せめて、ポスターだけでもほしいなぁ。。。

→インテリア系ブログのチェックはこちらから。
posted by 市朗 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年09月10日

松前藩屋敷【北海道旅43】

(前回の)「松前公園」を奥に通り抜けると、江戸時代の松前の姿を再現したテーマパーク「松前藩屋敷」があります。

matuhan_f1.jpg

入場は有料(360円)。100円割引になる、松前城との共通入館券もあるのですが、知らずに松前城に入り、こちらで松前城の入場券を提示したら、共通券扱いにしてくれました(^^

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年09月07日

松前城&松前公園【北海道旅42】

(前回の)「トラピスト修道院」から車で1時間20分ほど走り、松前城のある「松前公園」に到着(^^

matujo_f1.jpg

白い城が桜のピンクに映えますねぇ〜♪

でも、思ったよりコンパクトな天守でした。
元々は、黒船来航の翌年(1854年)に竣工された、旧式築城では日本最後のお城なんだそう。
1949年に火事で焼失、1961年に復元されたので、現在のは鉄筋コンクリート造です。
中は、よくあるパターンで資料館となっています。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年08月23日

石彩の教会【北海道旅37】

北海道旅行6日目。。。
本日は、千歳からあちこち寄りながら函館まで戻ります。

まずは30分ほど車を走らせて、ホテル「ニドム」の敷地内にあるチャペル「石彩の教会」へ〜。

sekicharch_f.jpg

場所は、道央自動車道・苫小牧東I.C.の近くにあります。ホテル本館近くの駐車場に車を駐めると、教会もすぐそばです。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年08月12日

札幌のモエレ沼公園【北海道旅33】

「聖ミカエル教会」から車で30分ほど移動し、やってきたのは札幌郊外にある「モエレ沼公園」。

moere_f.jpg

こちらは、有名な彫刻家イサム・ノグチ氏が基本設計を手掛けた都市公園です。
イサム・ノグチといえば、ガラストップのコーヒーテーブルが有名ですよね(^^



この公園は、半円状のモエレ沼の内側を中心とした広大な敷地に、“公園全体がひとつの彫刻作品”というコンセプトを具現化しています。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年08月08日

札幌聖ミカエル教会【北海道旅32】

北海道旅行5日目。。。
本日は札幌郊外のスポットをいくつか周ったあと、千歳に移動します。

ホテルから車を15分ほど走らせ、まずやってきたのは「聖ミカエル教会」。

stmichl_sgn.jpg

普通の住宅街の中にある教会なのですが、じつは近代建築の巨匠アントニン・レーモンド氏の設計による礼拝堂です。
レーモンド作の教会と言えば、軽井沢の「聖パウロ教会」が有名ですよね。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年07月27日

札幌の清華亭【北海道旅28】

(前回の)大通公園から再び地下鉄に乗ってさっぽろ駅へ。
(さっぽろ駅から)今度は北海道大学キャンパス方面へ10分ほど歩いて、キャンパスの南に隣接した公園内に佇む「清華亭」にやってきました。

seikat_f1.jpg

こちらは、札幌最初の都市公園である偕楽園内の貴賓接待所として1880年に建てられ、翌年には明治天皇の御休息所として使われたそうです。
現在は札幌市の有形文化財に指定され、建物の中の見学も無料で可能です。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年07月21日

道庁旧赤れんが庁舎【北海道旅26】

(前回の)「On-Deck」から歩くこと数分、やってきたのは「北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)」。

9docho_f.jpg

こちらの庁舎は、明治21年にアメリカ風ネオ・バロック様式で建てられ、約80年に渡って道政を担ってきました。

“赤れんが庁舎”の愛称で知られており、赤レンガ造りに銅製ドームなど、ちょっと東京駅の赤レンガ駅舎を彷彿とさせる立派な建築物ですね♪

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年07月15日

ろいず珈琲館 旧小熊邸【北海道旅24】

北海道旅行4日目。。。
泊まったホテル(札幌エクセルホテル東急)のプランに朝食はついてなかったので、朝食を食べに出掛けます。

車をおよそ10分走らせ、やってきたのは、藻岩山の麓にある喫茶店「ろいず珈琲館 旧小熊邸」。

roiz_f1.jpg

こちらの建物は、近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの弟子で、北海道を拠点に活躍した田上義也氏が設計した旧小熊邸で、いまはリノベーションして喫茶店として利用されています。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年07月12日

ノアの箱舟&GARUKU【北海道旅23】

泊まったホテル(札幌エクセルホテル東急)のすぐそばには、こんな建築物があります。
中に入ってるお店は「北の海鮮炙り ノアの箱舟」。

noah_f.jpg

奇抜なデザインのこの建物は、バブル時代、イギリスの建築家ナイジェル・コーツ氏によって建てられました。
店名とおり“ノアの方舟”をモチーフにしてます。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年07月02日

北のウォール街(2)【北海道旅20】

(前回からのつづき。。。)

ecchu_f.jpg
≪旧越中屋ホテル≫
小樽の老舗旅館「越中屋」が外国人専用ホテルとして1931年に建築。
その後、軍の接収など(所有者&用途が)転々としたあと、1993年に再びホテル(小樽グランドホテルクラシック)に。それも2009年に経営破たん。

いま見ても、色あせてないモダンなデザインですよね〜♪
閉館したのがもったいない。。。

住所:北海道小樽市色内1-8-25

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年06月29日

北のウォール街(1)【北海道旅19】

小樽運河の東100mあたりを平行して走る色内大通り沿いの2,3ブロックに、各銀行の旧小樽支店の建物が集中しています。
かつて“北のウォール街”と称されていたエリアです。

nitibank_f.jpg

銀行だけあって重厚で立派な建物が多く、いまや歴史的建造物ですから、建築好きにはたまらないエリアですね〜(^^

そこで(前回の)運河プラザから近い順に巡ってみました。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年05月26日

高橋病院天使寮&立待岬【北海道旅9】

(前回の)中華會館から、とりあえず(ロープウェイ)駐車場に戻ります。
その途中、日和坂でこちらの建物を発見♪

angelryo_f.jpg

1928年海員ホームとして建てられた伝統的建造物で、現在は高橋病院の寮として使われているそうです。
名前は「天使寮」。なるほど、白衣の天使の方々の寮なんですねw

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年05月22日

旧イギリス領事館&中華会館【北海道旅8】

(前回の)元町公園を出て、すぐ隣りにある「旧イギリス領事館」へ。

9uk_f.jpg

大正から昭和にかけての約20年間領事館として使われ、現在は函館の開港の歴史やイギリス関連などの展示室など記念館的な施設になっています。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年05月19日

旧函館区公会堂&旧函館支庁舎【北海道旅7】

(前回の)「茶房菊泉」を出て200mほど移動すると、元町公園と洋館が現れます。
この建物が、函館観光特集ならばたいてい目にする、「旧函館区公会堂」です。

9kokaid_f1.jpg

明治時代に建設されたコロニアルスタイルの洋館で、国の重要文化財にも指定されている歴史的建造物です。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年05月13日

日和茶房(プレイリー・ハウス)【北海道旅5】

ハリストス正教会から元町公園方面に歩いていると、観たことがある風景が広がります。
そう、坂が多い函館の中でも、最も有名な坂であろう「八幡坂」。

8man_f1.jpg

TVや映画の中でもよく登場しますよね。CMで使われ"チャーミーグリーンの坂"とも呼ばれているらしいですが、私的には『ランチの女王』の最終回が印象に残ってます(^^

実際、海へとのびる景色は美しく、ロケによく使われるのも納得です。多くの観光客も坂の上でカメラを向けていましたよ。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年05月10日

元町の3教会【北海道旅4】

つづいて、ベイエリアから元町エリアに移動。
元町は、教会や各国の旧領事館など歴史的建造物が多く残るエリアです。
車で5分ほど走り、函館山ロープウェイの無料駐車場に車を駐め、このエリアを巡ります♪

駐車場から歩いて数分、まずやってきたのは聖ヨハネ教会。

johane_f.jpg

とにかく目立つ、独特な外観が特徴的です。
屋根を支える柱部分にも十字架が見えますねw
建築デザインに十字架を仕込むのは、教会建築ではよくあるパターンです。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 06:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2015年05月07日

旧ホテルニューハコダテ&明治館【北海道旅3】

(前回の)「和雑貨いろは」から末広町駅方面へ3,4分歩きで移動、やってきたのはかつての「ホテル ニューハコダテ」。

newhako_f1.jpg

こちらは、昭和7年旧安田銀行函館支店として建てられ、その後ホテル・ニューハコダテとして利用されたものの、現在は閉館されてしまった歴史的建造物です。

閉鎖中なので外観の見学しかできませんが、金森赤レンガ倉庫からも歩いて数分のところにあるので、建築好きにはぜひ行ってもらいたいですね(^^

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2014年09月10日

ネルソン展に行ってきた

(先日記事にした)目黒区美術館にて開催されている「ジョージ・ネルソン展 -建築家、ライター、デザイナー、教育者」に行ってきました♪
目黒区美術館は目黒駅から歩いて十数分のところ、目黒川と山手通りに挟まれたエリアにあります。

megum_f2.jpg

何年も前には、こちらに“イームズ展”を見に行ったなぁ。
この辺のデザイナーが好きなのか、強いコネがあるのか?(^^

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2014年08月08日

鶴見の横溝屋敷

横浜市鶴見にある、横浜市指定有形文化財「横溝屋敷」へ〜。
環状2号からちょっと入ったところ、ショッピングモール「トレッサ横浜」の近くにある、豪農屋敷です。

yokomi_f0.jpg
↑表門

畑や緑に囲まれた場所で、環状2号沿いの都会の喧騒とはうって変わった雰囲気でビックリです。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2014年08月05日

小海町高原美術館【軽井沢旅行記15】

「懐古園」から軽井沢方面にやや戻った後、一気に南下、八ヶ岳方面へ〜。
一時間ほど走ってやってきたのは、八ヶ岳山麓の松原湖近くにある、有名建築家・安藤忠雄が設計した「小海町高原美術館」です。

koumim_f0.jpg

西日本に作品が多い安藤氏、東京でも商業施設(「コレッツィオーネ」「表参道ヒルズ」など)や駅なんか(「渋谷駅」「大井町線上野毛駅」など)なら作品を観ることができますが、敷地がたっぷり使える公共施設系は東京近辺には少ないので、こちらはちょっと貴重です♪

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2014年05月18日

是清邸ほか inたてもの園

そのほか、江戸東京たてもの園内の建物をザッとご紹介♪

korekiyo_f.jpg

こちらは、明治〜昭和期の政治家・高橋是清邸。(at センターゾーン)
二・二六事件の際に襲われ凶弾に倒れたのも、この邸宅の2階だそうです。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2014年05月14日

田園調布の家 inたてもの園

前川邸のあとは、その隣にある『田園調布の家』大川邸に寄りました。

okawa_f.jpg

1925年(大正14)田園調布に建てられた邸宅だそうで、当時としては珍しく全室洋間となっています。

→つづきを読む♪
posted by 市朗 at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2013年08月11日

横浜プロジェクション・マッピングの整理券情報&感想

いま話題のプロジェクション・マッピング。
横浜みなとみらいの横浜ランドマークタワー、ドックヤードガーデンにて開催されている、180度体感型プロジェクションマッピングに行ったきました♪

ドックヤード・プロジェクションマッピングHP

TVでもよく紹介されている、アレですw 無料で7分間のプロジェクション・マッピング映像が楽しめるのですが、整理券が必要です。
整理券の発券情報がまだあまり(ネット上に)ないので、詳しくレポートしておきますね。

[上映スケジュール]
19:30〜、20:10〜、20:50〜、21:30〜、22:10〜
各回 約7分間 定員500人

[整理券の発券時間・場所]
当日 10:00〜21:00 3階スカイガーデン入口(無くなり次第終了)

つまり。。。確実に整理券をゲットするのには朝10時にランドマークタワーに行って、そのあと一度帰るか、19:30まで横浜に滞在しなくてはなりません。
う〜む、近くに住んでない人は、なかなか厳しいですね〜(><)

私は、8/10(土)一日横浜にいる用事があったので、11:40頃ランドマークタワーに到着。整理券をもらいに向かいます。
発券場所の"3階スカイガーデン入口"というのは、なんと、桜木町駅からランドマークタワーに続く高架歩道の脇(入り口そば)に自動発券機1台が設置されていました。

pm_tick1.jpg

→つづきを読む
posted by 市朗 at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2012年12月04日

国宝 松本城

旧開智学校のあとは、歩いて5分ほどの松本城へ♪

ma_castle_f.jpg

日本最古の5重6階の天守閣を誇る、松本のシンボル・松本城。
姫路城・彦根城・犬山城とともに、国宝城郭のひとつなんですね〜。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2012年10月02日

東京駅駅舎復原と空中権

昨日、JR東京駅の(赤レンガの)丸の内駅舎の改修工事が終わり、リニューアルオープン日を迎えてTVでも盛り上がってましたね〜♪

tokyosta_1.jpg

この工事により、赤レンガ駅舎は約100年前(大正時代)の建設当時の姿に復原されたんですよね〜。
なんでも、戦火により2階建てで復興されたものを元の3階建てに、塔の屋根も八角→ドームに復原されたとのこと。

東京駅の設計者といえば辰野金吾氏ですよね〜。
お雇い外国人のドン ジョサイア・コンドルに師事し、彼の後任として(現在の)東大工学部の教授を務め、(現在の)日本建築学会を設立し、この東京駅駅舎ほか日銀本店、浜寺公園駅などを設計したことで有名ですね。

かつて建築を勉強していた身としては、これはぜひ見に行かなくては!w

→つづきを読む
posted by 市朗 at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2010年08月30日

業平橋・押上の東京スカイツリー☆

ようやっと、天下の東京スカイツリーに行ってきました♪

skytree.jpg

で、でかい! そして、暑い!!(>.<)

スカイツリーの最寄駅は東武伊勢崎線の業平橋駅ですが、東京メトロ・半蔵門線の押上駅でも目の前なんですよね。もう天空にそびえています(写真右)。
この日の高さは428mだそうで、完成の634mまだ200mもあるんですねー。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2010年04月05日

ナスカの巨大ピラミッド

中目黒シリーズの途中ですが、ちょっと閑話。

先ほど、TBSで放映していた『歴史がくつがえる!?ナスカの地上絵に世界最古の巨大ピラミッドが出現!』を観ました。
この手の話題、好きなんですよねー♪(←まぁ、古代の建築物ということでw)



なんでも、かの有名なナスカの地上絵の近くに、エジプトよりも古いピラミッドが発見されたとのこと。(→すぐさまGoogle earthでベルーに飛びますが、さすがに分からなかった。。。w)
しかも、まだ発掘されていないピラミッドが30基以上あるのだそう。
番組では、地上絵とこのピラミッドの共通点から両者の謎に迫る、という内容でした。

ピラミッドは地上絵よりも古いらしいですから、発掘が進むにつれ、地上絵の謎も解明されていくんでしょうねー。

さて、この番組もそうでしたが、エジプトのピラミッドやマヤのピラミッドなど、謎の建物はたいてい"信仰"や"祈り"の施設に落ち着くんですよねー。
それこそ、判を押したように。。。
まぁ、それが真実なのかもしれませんが。。。ちょっとつまらない(T.T)
別に「宇宙人が造った、と言え」って言ってるわけじゃないですよw

たとえば。。。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 02:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2009年07月11日

恋するバルセロナ♪

横浜に帰ってくるのかと思いきや、スペインリーグ・エスパニョール(本拠地バルセロナ)への移籍が決まった中村俊輔。



昨日バルセロナ入りし、サポーターの熱烈歓迎を受けたようですね♪

そして、C.ロナウド、カカらを今オフ補強した、新銀河系軍団レアル・マドリードとの対戦がホーム開幕戦(9月12or13日)に決定。

うー、レアル戦も楽しみですが、バルセロナといえばやはりバルサ(バルセロナFC)でしょ。
2008-09欧州チャンピオンズリーグ覇者であるバルサとの、バルセロナ・ダービーが観たい。ってか、生で観たい!!

→つづきを読む
posted by 市朗 at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2008年12月15日

国立新美術館の名作北欧椅子

2007年1月にオープンした、建築家・黒川紀章氏の遺作である「国立新美術館」に行ってきました♪

national_m.jpg

黒川紀章氏といえば、世間一般的には、晩年の選挙活動を通じて"奇人"という印象でしょうが、建築を勉強した人間にとっては、"鬼才""巨匠"と言っていい偉大な建築家です。

地下鉄千代田線乃木坂駅から歩いて数分、木々に囲まれてこの美術館はあります。

前面を覆うガラス・カーテンウォールが大波のようにうねるファサードが、近代的で印象的な建物です♪
天井高21mのエントランスロビーのアトリウムには、日の光りが燦々と降り注ぎます。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 16:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 建築系
2008年05月09日

目黒「CLASKA」がリニューアル!

2003年に、当時築35年の古いホテルをリノベーションし誕生した、目黒通りのホテル「CLASKA(クラスカ)」が、オープンから4年が経ち、今年3月にリニューアルオープンを果たしたそうです。

claska2.jpg

新コンセプトは“コンテンポラリー・ジャパニーズ”。

元イデーのデザイナーである岡嶌要氏がデザインを手がけた畳の客室「tatami(タタミ)」が増設されるほか、元イデーのショップディレクター大熊健郎氏をクリエイティブディレクターに迎え、新たに展開されるギャラリー&ショップ「DO(ドー)」がオープン。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2007年07月25日

自由学園明日館

フランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館(みょうにちかん)へ行ってきました。

jiyu_f.jpg
言わずと知れた近代建築の巨匠F.L.ライトは、本国アメリカ以外ではカナダと日本にしか作品を建ててないそうです。
なので、日本の「ライト作品」は貴重なんですよー♪

で、日本に現存するライト作品は4つ。
明治村に移築された旧帝国ホテル、この自由学園明日館、山邑邸(やまむらてい・現ヨドコウ迎賓館)、旧帝国ホテル支配人・林愛作邸(ただし居間のみ)。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2007年06月23日

超未来住宅「三鷹天命反転住宅」

今日の"王様のブランチ"ルームリサーチ・コーナーは見ましたか?
"変わりダネ"物件特集だったのですが、その中のひとつ、カラフル物件として紹介されていた"三鷹天命反転住宅"、かなり刺激的でした。
なので、早速ネットで調べてみる(とりあえずすごい名前)と、けっこう有名な物件なんですねー。

gazaa.jpg
三鷹天命反転住宅 BLOG

現代美術家の荒川修作氏とパートナーのマドリン・ギンズ氏によるプロジェクトで、コンセプトとしては、もともと生活とともにあった住宅の「身体性」を取り戻し、次なる次元へ進化していくことをめざしているそうです。

原色遣いの、曲面を多用した建物の外観はいやがおうにも目を惹きます。
室内もヴィヴィッドな色遣いの壁は目に鮮やかで、球状の天井、凸凹の土床など、我々一般人の常識を覆します。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 15:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 建築系
2006年12月23日

"マリンタワー"と"氷川丸"

45年間、横浜のシンボルとなっていた「マリンタワー」と「氷川丸」が、12月25日で営業を終了するとのこと。

えー、知りませんでしたよー。

marinetower.jpg

営業停止の理由は、入場者数の減少に伴う経営悪化だそう。

確かに私も最後に入ったのは随分前で、最近は近くまで行っても。。。

今後は、マリンタワーは横浜市に譲渡され、リニューアルされるとか。
氷川丸も日本郵船に譲渡され、2007年3月に具体的な運営方針を発表するそうです。

とりあえず、保存&有効利用されるみたいでよかったです♪

とは言え、もう終わりと言われると、最後に行きたくなりますね。
チャンスは、今日と明日かー?
クリスマスの横浜は、人出が尋常じゃないんですよね。。。


→インテリア系ブログのチェックはこちら
posted by 市朗 at 03:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2006年11月22日

旧岩崎邸庭園

旧岩崎邸に行ってきました。

iwasaki.jpg

『旧岩崎邸庭園』
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html

旧岩崎邸は、三菱創設者・岩崎家の本邸として、明治29年建てられました。
設計は、ジョサイア・コンドル。
17世紀の英国ジャコビアン様式を基調に、ルネサンスやイスラム風のモティーフを採り入れた、明治期の上層階級の邸宅を代表する西洋木造建築です。

□岩崎家
この邸宅を建てたのは、創業者・岩崎彌太郎の長男・久彌ですが、彌太郎といえば土佐の地下浪人の出で、幕末時に坂本龍馬や後藤象二郎との知遇があり、龍馬好きの私としては、飾られている一家の写真に「へー、これが彌太郎かー」と違うところで感慨深げ(笑)

→つづきを読む
posted by 市朗 at 15:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 建築系
2006年09月08日

目黒のホテル『クラスカ(CLASKA)』

さぁて、福生から戻って、久しぶりに地元(ってほどでもないですが・笑)学芸大学駅周辺をふらついてみました。

まだこのブログに掲載していない中古家具屋さんを紹介していきたいと思いますが、まずは有名なリノベーション・ホテル『クラスカ(CLASKA)』を。

claska.jpg

目黒通り沿いにある、ホテル『クラスカ(CLASKA)』をご存知ですか?

昭和40年代開業の『ホテルニューメグロ』をリノベーションし、'03年9月にオープンしたホテルで、当時かなりの話題になりました。

『クラスカ(CLASKA)』
http://www.claska.com/

構成も変わっていて、通常の客室は9室のみ(ただし、どれ1つ同じ間取りの部屋はなし)、長期滞在型の家具・備品付きのマンスリー/ウィークリールームが3室、インテリアをご自分のライフスタイルにカスタマイズ可能なレジデンシャルルーム(滞在6ヶ月以上)を23室、となっています。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2006年08月05日

廃材建築王選手権

録画していた、一昨日放送のテレビ東京系TVチャンピオン『廃材建築王選手権』を観ました。
観た人、どのくらいいますかね?

haizai.jpg

TVチャンピオン『廃材建築王選手権』
http://www.tv-tokyo.co.jp/tvchamp/result/result.htm


廃材建築!?「北の国から」の五郎さんち?
って思ったのですが、まさにその通り。3選手が廃材で会場(キャンプ場)に"秘密基地"を作るという企画だったのですが、かなり楽しかったですー。

子どものころ、必ず作ったであろう秘密基地ですが、こんな豪華(←廃材ですけど・笑)な基地があったら。。。。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 11:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 建築系
2006年06月16日

サッカーボール型住宅だって!?

W杯日本代表、悪夢の逆転負けから3日が経ち、ようやくショックから立ち直ってきた市朗です(笑)

言いたいことはいろいろあるのですが、TVやネット上でだいたい出ていますので。。。
なんとか、クロアチア戦はがんばってほしいものです。

さて、そんなわけで、サッカーにちなんだ話題を。
baria1.jpgbaria2.jpg
写真は岐阜県のキミドリ建築という会社が提供しているサッカーボール型住宅だそうです。

キミドリ建築『サッカーボール型住宅 バリア』
http://www.g-wood.jp/

→つづきを読む
posted by 市朗 at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2006年05月17日

コンクリートなのに明るい?

rc1.jpg
"光を通すコンクリート"ができたそうです。

住田光学ガラス
http://sumita-opt.co.jp/ja/

光学ガラスメーカー、住田光学ガラスが開発したもので、数十万本もの光ファイバーが埋め込まれたこのコンクリートは、見た目には普通のコンクリートと同じなのですが、自然光や電灯を通し、あたかも障子のように影絵のような表現も可能だそうです。

フジテレビのアンビリバボーで紹介されていました。

『奇跡体験!アンビリバボー:あるはずのないモノ』

→つづきを読む
posted by 市朗 at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系
2006年05月15日

埼玉スタジアム、行ってきました。

studiam.jpg
ついに、ドイツW杯サッカー日本代表23人が発表されましたっ。
小さなサプライズとしては、FW久保が落選し、巻が滑り込み。
体調面からすると、妥当な判断といえるのでは?

それはさておき、先週土曜日、代表選考前最後の試合を埼玉スタジアムに観に行ってきました。
サッカーファンなら、一度は行っておきたい日本最大のサッカー専用スタジアム。
ようやく行ってきました。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築系