Sponsored Links
2012年02月11日

「素敵なカントリー」に掲載されました♪

先日(7日)発売の「素敵なカントリー 春号 2012」に当ブログが掲載されました。

 

といっても、1/6ページの1コマ分程度のスペースですけどね(^^
見本誌を頂いたので、軽くご紹介♪

普段はカントリー系のインテリア雑誌は読まないので、新鮮といえば新鮮w
まぁ、あまり趣味じゃない部分が多いのは仕方ないですが、参考になる部分も多々あり。
とくに、ディスプレイのテクなんかは力入れてますよね。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 00:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | インテリア本
2012年01月24日

こんまり本「人生がときめく片づけの魔法」

最近読み始めたのが、片づけコンサルタントの"こんまり"さんこと、近藤麻理恵さんの本「人生がときめく片づけの魔法」。



TV番組などでもちょこちょこ紹介されている(とくにTBS推し?)ので、ご存じの方も多いのでは?
いわゆる、片づけノウハウ本なのですが、特徴は最近流行った『断捨離』など"捨てる"行為に"ときめき"という基準を持ち込んだのと、服のたたみ方などこんまり流の収納術を使った片づけ方法です。

また、その清楚なルックスでネット上での男子人気も高いようでw
もっとも、こんまりさん自身は男性の家のコンサルは受け付けてないそうです(^^

→つづきを読む
posted by 市朗 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2011年12月19日

新刊「TRUCK NEST」

ご存じ、大阪のオリジナル家具「TRUCK FURNITURE」が新刊を出すそうです。

●TRUCK NEST


といっても、来年4月の発売なので、まだまだ先ですけどねw
一応、amazonにて予約受付中♪

内容紹介を見ると、現在のTRUCKへの移転の記録と、家族の暮らしを撮りためた写真がメインのようですね。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 23:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | インテリア本
2010年08月03日

Brutus「家具が育てる部屋。居住空間学2010」

以前チラッと紹介したきりだったので、今回はしっかりめのレビューを♪

Brutus「家具が育てる部屋。居住空間学2010」



「家具が育てる部屋」をテーマに東西の個性的な部屋を紹介しています。

まずは、(先日私も行ってきた)『タミゼ黒磯』。

burutus_tam.jpg

→つづきを読む
posted by 市朗 at 00:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | インテリア本
2010年04月27日

「Antique shopping guide vol.2」

以前、購入&紹介した「Antique shopping guide」の vol.2が出たようです。



"8ジャンル約120軒のアンティーク・ショップを完全ガイド。ジャンル別厳選ショップで、運命のアンティークにきっと出合える一冊"とのこと。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2010年04月24日

Come home!vol.18のニップル家具

久しぶりに購入した、Comehomeシリーズの『Come home!vol.18』。



「可愛くしまって、すっきり暮らす。」というサブタイトルがついているように、"かわいく見せる収納"がテーマになっている一冊です。

主婦、中でも子どもがいる家庭のケースが多いので、正直、独身男の私にはちと参考にならないかんじが。。。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 00:43 | Comment(6) | TrackBack(0) | インテリア本
2010年02月02日

OZ magazine 2010.1月号

当ブログも(開設して)早いもので、もう4年半。
行ってない中古家具屋さんネタはまだまだ(?)あるものの、定期的な情報収集は不可欠ですw
そんなわけで、今回はコチラ↓の雑誌を。


『OZ magazine 2010.1月号』

"ものづくりと出会える東京の雑貨屋さん100軒/かわいい雑貨屋巡り"とのテーマで、東京都内の雑貨屋をメインに、アンティークショップ・インテリアショップが紹介されています。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | インテリア本
2009年08月31日

北欧スタイル『IKEAデザイナーの課外授業』

北欧スタイルの最新号はIKEA(いけあ)特集です♪

kagaijugyo.jpg
『特別開講!IKEAの課外授業はじめます』

主な目次はこんなかんじ。

Lecture1☆IKEAデザイナーに聞く、IKEAベストセラーデザインの秘密
Lecture2☆オフィスも自宅も全部IKEA!まるごと暮らしのコーディネート
Lecture3☆デザインショップ&オフィスに学ぶ、IKEAを高級にみせる使い方
Lecture4☆子どもの部屋で見つけたIKEAのポップな使い方
Lecture5☆マイ・インテリアにIKEAを合わせる方法

そのほか、IKEAご当地ガイド、聖地・エルムフルトへの旅、などなど。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 02:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2009年08月21日

IKEA最新カタログをゲット♪

毎夏に配布が開始される、北欧家具店IKEA(いけあ)の最新カタログ。

IKEA各店近辺の家には無料ポスティングされますが、今年はIKEA FAMILYメンバー限定で8月1日(土)2日(日)の2日間、店頭先行配布されるとのことで、いち早くゲットしてきました♪

catalog10_f.jpg

そこで、そのIKEA(いけあ)カタログ2010の簡単なレビューを。

真っ先に気づいたのは、「あれ、サイズが小さくなった?」。

昨年のカタログの大きさは、タテ250×ヨコ210 mm
今年のカタログの大きさは、タテ225×ヨコ193 mm

となっていますので、ひと回り小さくなりましたね。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2009年03月18日

『とことん、イームズ!』

言わずと知れた、ミッドセンチュリー・モダン家具の雄・イームズのすべて(!?)がわかる本『とことん、イームズ!』。



ちょっとしたインテリア好きなら、イームズの代表作はだいたいは知っているでしょうし、展覧会などに行ったりしたこともあるでしょう。
私もそのクチなので、わざわざ本を読むこともないかなーと思いつつ、この本を手に取りましたw

→つづきを読む
posted by 市朗 at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2009年03月07日

『ひとり暮らしのSUPERインテリア』

この手の本を買うのは、随分と久しぶりw

ありがちな、生活観のないおしゃれ部屋でなく、狭くても色々工夫しておしゃれ〜に住んでいる(一般の人の)ひとり部屋をたっぷり紹介しているムック本『ひとり暮らしのSUPERインテリア』。



雑誌「ひとり暮らしをとことん楽しむ!」で開催した『ひとり暮らし大賞』というコンテストの歴代受賞者の部屋が全部見れ、かなり参考になります。

またきめ細かく、キッチンや玄関、トイレなど、コーナーごとの特集があるのもうれしいところ☆

→つづきを読む
posted by 市朗 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2009年01月22日

番外編『古道具 中野商店』

インテリア本じゃないですが、こんな題名では読まないわけにいかないでしょう、川上弘美著『古道具 中野商店』。

で、まぁ、面白かったので、ご紹介しますw

nakano.gif

さて、(作家買いではなく)この題名のこの本を、手に取ろうとする人は、きっと俗世からちょっと離れた、でも完全に浮世離れしたわけではない世界を味わってみたいと思っている人ではないでしょうか。
事実、私もそういう気分でこの物語を読み始めます。

期待にたがわず、古道具屋『中野商店』を舞台に、個性的な登場人物たちが織り成す、まったりとした日常と小さな事件が描かれてゆきます♪

→つづきを読む
posted by 市朗 at 23:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | インテリア本
2008年02月02日

『スピリッツ・オブ・ジャンク・スタイル』

先日の『センス・オブ・ジャンク・スタイル』に引き続き、やっとこ『スピリッツ・オブ・ジャンク・スタイル』を読み終わりました。

spirits_j.jpg

こちらの本でまず注目なのは、男性2人のユニットで、家具&金属造形作家の"antos(アントス)"。
彼らは福生に、自分たちで米軍ハウスを改造したショールーム兼住宅を構えています。

気になる家具屋として前からチェックしていたのですが、イベントのときにしかショールームとしては開いてなく、以前"antos"に行った時には建物の外観だけ見て帰ってきましたw

で、この本ではそんなお2人の生活ぶりが10ページに渡り、紹介されています。(→この本の中でも一番ページを割いていますよ)
実際には見れなかった家の中も見れて嬉しいところw

→つづきを読む
posted by 市朗 at 15:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | インテリア本
2008年01月14日

『センス・オブ・ジャンク・スタイル』

先日軽く紹介した大平一枝さんの『センス・オブ・ジャンク・スタイル』、ようやく読む時間が取れました。

senseofj.jpg

前作『ジャンク・スタイル―世界にひとつの心地よい部屋』と比べるとページ数は約1/3強ですが、内容は濃いですよー。

4組の家およびライフスタイルを紹介しているのですが、う〜ん、みなさん力の抜けたというか、地に足の着いた生活ぶりがありありと紹介されていて、魅力的です♪

4組中3組がご夫婦なのですが、どの夫婦も揃ってクリエイティブ系のお仕事をお持ちなんですよねー。
やはり両者の理解がないと、なかなか実現しにくいスタイルなんでしょうねー。
タイトルにある通り、まさに「センス」が必要!?

あぁ、ただでさえパートナーを見つけられないのに、さらにそういう相手となると、ますます難しくなるぅ、と暗澹たる気持ちになる独りモノの私(笑)

→つづきを読む
posted by 市朗 at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2008年01月06日

『美しい椅子〜北欧4人の名匠のデザイン』

北欧モダン・デザイン&クラフト展」が開催されている東京オペラシティ・アートギャラリーのミュージアムショップで見つけて、即買いした本です。

beautifulchair.jpg
『美しい椅子〜北欧4人の名匠のデザイン』

「美しい椅子」シリーズの第1冊目で、以前からほしかった本なのですが、たしか絶版扱いになってて手に入れられなかったんですよねー。いつの間に復活した?w
(奥付をみると2003年12月20日初版で、2007年11月10日第2刷となっています)

で、特筆すべきは、この手の本では異例とも言うべき文庫本サイズ!
しかも、カラー写真もふんだんで、税込み714円です。
う〜ん、すばらしい♪

→つづきを読む
posted by 市朗 at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2007年11月22日

大平さんのジャンク・スタイル3部作!?

人気の『ジャンク・スタイル―世界にひとつの心地よい部屋』の著者・大平一枝さんが、知らぬ間に(!?)ジャンクスタイルの本を2冊出していらっしゃいました。

 

『センス・オブ・ジャンク・スタイル』が7月に、『スピリッツ・オブ・ジャンク・スタイル』が10月に。短期間に連発ですねー♪

さっそく2冊とも手に入れたのですが、忙しくてまだ読めていません(ToT)
2つの本の違いなどを含め、近いうちに詳細はレポートしたいと思いますので、乞うご期待!?

とりあえず、最初の本を入れて"ジャンク・スタイル3部作"と言えますね!?
(といっても、最初の本と今回のは出版社は違うんですねーw)

→インテリア系ブログのチェックはこちら
posted by 市朗 at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2007年09月09日

『近藤典子が建てた家』

いつも自分の好きな本をお薦めしているのですが、今回の本はよい本なんですが、読み進めるのに苦労した本です(笑)

kondo.jpg
近藤典子が建てた家
―収納のカリスマが提案する、新しい暮らしの形


ご存知、収納のカリスマ・近藤典子さんが建てた家を紹介している本で、おしゃれで便利に暮らすアイデアやテクニック満載なんですが、段々とどうでもよくなってくるんですよねー。
こういうところは、やっぱり大雑把な男ですねー(笑)いくらインテリア好きでも、チマチマした収納術などは苦手。
もちろん、そういうのが得意な女性にはもってこいの本でしょう!

→つづきを読む
posted by 市朗 at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2007年09月04日

IKEA新カタログをゲット

北欧家具のIKEA(イケヤ)の新カタログ08年版をようやくゲットしました。
と言っても、店頭ではなく、ポスティングで家のポストに入ってたんですけどね(笑)

ikea08new.jpg

で、さっそく中身をチェック!
まずページ数は、07年版の282ページから362ページにボリュームアップ。

内容としては、

1.(簡単な)索引ができて、多少検索しやすくなった!?
2.収納を中心に、仕様別価格リストを掲載
3.個別商品写真がやや小さくなり、掲載商品数が増えたように思う

→つづきを読む
posted by 市朗 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2007年08月09日

幸せの賃貸インテリア

こちらもVol.5まで出ている、人気の『幸せの賃貸インテリア』シリーズ。
私が持っているのは、このVol.1。

happy_chintai.jpg
幸せの賃貸インテリア―賃貸マンション・アパートで、おしゃれに自由に楽しく暮らす (別冊美しい部屋)


"賃貸インテリア"という名の通り、賃貸のマンションやアパートの部屋を前提にした、インテリア改造本です。
普通の庶民でも頑張れば手が届きそうな、おしゃれ部屋を多く紹介しているのが魅力ですねー。

とはいえ、ある程度のレベルを超えるためにはやはり、床、壁、建具まわりをいじらないとダメなんだなーと再認識させられる本でもあります(笑)

→つづきを読む
posted by 市朗 at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2007年06月09日

Come home! vol.5

いまやVol.8まで出ている、人気の『Come home!』シリーズ。
売れているようですねー。

comehome.jpg
Come home! (Vol.5)


私が唯一持っているのが、このVol.5。
シリーズ全冊を見たわけではないですが、比較的アンティーク色が強いこの号が一番私の好みでした。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 07:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | インテリア本
2007年04月16日

3日で運がよくなる「そうじ力」

こんな本を読んでみました♪

soujiryoku.jpg
3日で運がよくなる「そうじ力」
著・舛田光洋


「そうじ力」とは、そうじが心にもたらす劇的な力のことだそう。
いま流行の"スピリチュアル"というよりは、"自分自身を見つめる"というメンタルに起因する作用のようです。

本来、人は嫌なものから目を背けてしまいますよね。
部屋の汚れも、わかってるのについつい目をつぶります(笑)

自分自身を客観的に見ることは、誰にとっても難しいもので、だからこそ、いろんな場面で選択を誤り、そのまま間違った道を進んだりします。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 01:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | インテリア本
2007年02月06日

『インテリア極上スタイル』

ドラマに出てくるような生活感のないモダンな部屋と、趣味まっしぐらなコレクション部屋。

男性向けのインテリア雑誌って、この2つのバリエーションが大半を占めている気がして、相対的にみて女性誌の方がレベルが上だなー、と常々思っているのですが、こちらのムック本(昨年夏発売)は、ショップオーナーや建築家などインテリアのプロのこだわりのある部屋などを取り上げているだけあって、比較的見応えのある出来になっていると思います。

g_style.jpg
インテリア極上スタイル
〜古くても。賃貸でも。自分だけのrelax空間をつくりだす。


→つづきを読む
posted by 市朗 at 17:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | インテリア本
2006年12月29日

『アンティークショッピングガイド』

今回は、この秋に発売されたばかりの、全国163軒を網羅、アンティーク・ショップ・ガイド本をご紹介します。

asg.jpg

東京、京都、福岡、名古屋あたりの中古家具屋、古道具・骨董店などのアンティーク・ショップを紹介しているのですが、東京に関しては、めぼしいお店はほとんど網羅していると言っても過言ではありません。

少なくともこのブログで紹介しているお店はほとんど載っていますね。

ということで、売れまくるとこのブログの存在意義がなくなってしまいそうな本です(笑)

→つづきを読む
posted by 市朗 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2006年12月16日

『ハンス・ウェグナーの椅子100』

ハンス・J・ウェグナーはご存知ですか?

デンマーク家具の巨匠で、「椅子の詩人」「椅子の巨匠」と呼ばれる、世界的に有名なデンマークのデザイナー(家具職人)です。
デザイン性と手頃のお値段が魅力のYチェアは日本でも人気ですね。

そのウェグナーの椅子100脚を取り上げている本をご紹介します。

chair100.jpg

500脚を越える椅子をデザインしたウェグナーですが、その中からの選りすぐり100脚を見ることができます。

これらを眺めていると、「椅子の巨匠」と呼ばれるに相応しいデザインでありながら、彼の実直で堅実なありようがとても感じられます。

実際、彼は自分のことをデザイナーではなく家具職人と考えているそうです。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 02:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | インテリア本
2006年12月12日

『東京R不動産』の本

以前、紹介した個性的な物件を取り扱っている、ネットの不動産屋『東京R不動産』の本です。

r_estate.jpg

この4月に発売されて、「売れている」と聞いていたのですが、全然買う気はなかったんですよ。
内容的に、ネット上のコラムで紹介している物件も多いみたいだったので。。。

しかし、たまたま本屋で見つけて立ち読みしたら、即買いしてしまいました(笑)
やっぱり、コラムで見た物件が多かったのですが、読んでるとワクワクと楽しくなってきて、手許にほしくなっちゃったんですよねー、不思議と。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 02:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | インテリア本
2006年12月01日

トイレ掃除で開運だー!金運アップだー!

さて、前回書きました通り便座を交換したのを機に、こんな本を買ってみました。

本表紙
ツキを呼ぶ「トイレ掃除」―宝くじ当選!理想の人と結婚!赤ちゃんができた!

↑すごく売れてるらしいですよー、この本。

一人暮らしの身ゆえ、トイレ掃除は自分でやらなくちゃならないので、前向きに取り組むのによかろうと思ったのです。

さて、内容の方はトイレ掃除をすると運気があがる理由(←まぁ、心の在りようとか)や有名人・経営者の体験談、読者の声、実際のそうじテクなどなど。

心理学博士である小林正観氏の話は勉強になりました。
特に、「努力」の努の字の話はトリビア。
昔からなんで"女"の"又"の"力"なんだろう?と思っていたのですが、そういうことだったのかー。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2006年05月21日

『青柳啓子のインテリアスタイルブック』

青柳啓子さんて、いわゆるカリスマ主婦ってヤツなんでしょうか?
ワタクシ、全く知らないのですが、下の本を本屋で見てほぼ衝動買いしてしまいました。
しかし、オヤジ的には買うのちょっと恥ずかしかったです(笑)

aoyagi.jpg

青柳啓子のインテリアスタイルブック
青柳 啓子 (著)

前半の中古マンションのリフォームぶりの紹介がかなりグッとくる内容で買ったのですが、中盤以降の手作り雑貨系はほとんど興味なし(苦笑)

→つづきを読む
posted by 市朗 at 22:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | インテリア本
2006年04月08日

よかったですぜ、『MAKING TRUCK』

mk2.jpg
以前取り上げた『MAKING TRUCK』。読み終わりました。
よかったですー。

家具をつくる、店をつくる。そんな毎日。 -MAKING TRUCK-

最初本屋で手にとってペラペラ中身を見たとき、さすがにカタログを2冊持っているだけに、写真に新鮮味がないなーと思ったんですよ。

実はTRUCKのキッチンがカッコよくてお気に入りなのですが、カタログにはほとんど載ってなくて、たまに雑誌なんかにチラッと載っているだけなので、今回この本に期待していたのですが、それも1カットあるだけだったのです。
シロクマ舎の写真がお初ってかんじではあったのですが。。。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 09:00 | Comment(3) | TrackBack(1) | インテリア本
2006年03月15日

TRUCKの本『MAKING TRUCK』

makingt.gif
大阪の超有名家具店「TRUCK FURNITURE」から本が出るそうです。

家具をつくる、店をつくる、そんな毎日。
ーMAKING TRUCKー
2006.3.27(月)発売
http://www.truck-furniture.co.jp/news/index.html

既にかなりの人気店ゆえ「いまごろ?」という感もぬぐえませんが、チェックしないわけにはいかないでしょう。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 23:30 | Comment(1) | TrackBack(1) | インテリア本
2006年01月28日

続『ジャンクスタイル』

itoi.gif
前回紹介しました、『ジャンク・スタイル〜世界にひとつの心地よい部屋』。
検索をしていたら、たまたま担当編集者の談話を発見。
せっかくなんで、紹介しときましょう。

有名サイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の中の

"担当者は知っている"

→つづきを読む
posted by 市朗 at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2006年01月22日

『ジャンク・スタイル〜世界にひとつの心地よい部屋』

先日サイト紹介した、大平一枝さんの本をご紹介。

このブログでも、頻繁に"ジャンクスタイル"という言葉を使っているので、ぜひ紹介しなければ、と思っていた一冊です。
ジャンクスタイル

『ジャンク・スタイル〜世界にひとつの心地よい部屋 』
大平 一枝 (著) 小畑 雄嗣(写真)

ジャンクな家具や雑貨をとりいれて、個性的に暮らしを楽しんでいる人たちの、ライフスタイルを紹介しているのですが、カフェオーナーあり、骨董店主あり、画家あり。。。

→つづきを読む
posted by 市朗 at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2005年09月30日

『ケンタロウの121レシピなんでもありッ!』

インテリア本ではないですが、先日の流れのつづきで、紹介します。

ケンタロウ本


『ケンタロウの121レシピなんでもありッ!』

こちら
のアマゾン評にもありますが、ワンプレートものや丼物などが多く、また、基本的な料理も結構載っているので、料理をあまりやらない男性にもうってつけです。(←事実、私がそうですから。。。)

→続きを読む
posted by 市朗 at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2005年08月13日

『カフェなインテリアが作れる本』

先日のつづきで、『カフェなインテリアが作れる本』を紹介します。

cafetop.gifworkdesk.jpg
『カフェなインテリアが作れる本』


上のワーキングテーブルをはじめ、注目の空間&インテリアデザイナーが教えるカフェな家具が13例に、家具のリメイク&リペア方法、実際のお部屋紹介、ユーズドファニチャーshopの紹介など情報が盛りだくさんです。
DIY好きの私にはたまらない本です。

→続きを読む
posted by 市朗 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2005年08月10日

『TRUCK WORKS』

昨日のつづきで、「TRUCK FURNITURE」のカタログの紹介です。

catalog.jpg
TRUCK WORKS
57 SORTS OF FURNITURE
THIS IS THE ONE:NOTHING BUT TRUCK


最新のカタログVol.3です。(311ページのボリューム)
シンプルで、カッコイイ家具が目白押しです。
カタログというよりも、写真集のノリで、「こんな家に住みたいなー」「こんな空間でのんびりしたいなー」という欲望の渦に巻き込まれちゃいます。

→続きを読む
posted by 市朗 at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2005年07月27日

『Big City Junk』

私の部屋なんかを見るよりも、もっと参考になるアメリカン・ジャンクのカッコいい洋書をご紹介します。

bigcityjunk
『Big City Junk』
Mary Randolph Carter

Big City Junk Tourと題して、ニューヨーク、ロス、サンフランシスコ、ボストン、シカゴなど有名な大都市のジャンクショップやフリーマーケットを、Carterおばちゃん(失礼!)が紹介します。どうも、彼女の息子たちも重要な役割を担っているようなのですが、なにぶん英文を読んでませんので、よくわかりません(笑)

→続きを読む
posted by 市朗 at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本
2005年07月25日

『Frank Lloyd Wright― Fallingwater Taliesin 』

ライトファンなら必見のFallingwater(落水荘)とTaliesin(タリアセン)の写真集です。


fw_top.jpg
『Frank Lloyd Wright― Fallingwater Taliesin 』
上田義彦


いわゆる通常の建築写真とは、ひと味違う写真集になってます。
なにが違うのか? 上手く表現できる自信はないのですが。。。

→続きを読む
posted by 市朗 at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア本